読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぶき堂薬局

主に読んだ小説の私的な感想をつらつら綴るブログ

11/4 水車館の殺人

まだ名探偵の名推理を渇望しているので、前作が面白かった「十角館の殺人」の続編を読んでみました。


水車館の殺人(著:綾辻 行人)


十角館の殺人では、途中で犯人とトリックが気になって気になって仕方がなくなりネタバレを読んでしまったので、今回は寄り道せずに本作を読もうと、あわよくば犯人を当ててやろうと意気込みながら本作に挑みました。


まず率直な感想としては、推理小説として王道なパターン!というものでした。

前作と違い、文中に散りばめられたヒントとなる人物描写や事件が起こった時の描写など気をつけて読んでいたため、もしかしたらこうなのかな?という予想がたちました。

なので、それが当たった時はやっぱりね!という満ち足りた思いと同時に、予想通りすぎて呆気に取られた、物足りない気持ちにもなりました。

けれども、言い方を変えれば読者でも推理できる楽しみもあるということで、一読者の私が作中の探偵である島田潔のように探偵となることも出来るのです。それにしても、前作と今作は島田潔が全体を仕切るという立場ではなく、要所要所で登場して物語を前に動かすための存在というイメージで、まだ私の中では〝探偵〟という位置づけではないのが残念です。

というのも、彼が最初から現場にいないからだと思います。前作、今作と事件は彼のいないところで起きてます。(水車館では異なりますが)

以後のシリーズでは、島田潔は小説の第一章くらいから登場できるのか、これから続刊を読んで確認したいと思います。


やはりですが最後のシーンは物足りない、など言ってましたが鳥肌がたちました。こういうどんでん返し、予想してなかった描写がドーン!とくる所が、面白いと思います。

あと解説を読むことが大好きなので、今回の有栖川有栖先生の解説も裏側、みたいなような感じでたいへん興味深かった。